お役立ち!ペーパーレス化で業務改善☆

薬局に提示するペーパーレスの手帳のメリット

TOP > ペーパーレスについて > 薬局に提示するペーパーレスの手帳のメリット

薬局に提示するペーパーレスの手帳のメリット

風邪をひいた時に病院に行くと、最終的には薬局にも行く事になります。
まずは病院で診察を受けて、体調に関して色々確認する訳です。
確認した内容に応じて、薬が処方されるのが一般的です。
そして病院から直接薬が渡されるのではなく、薬局から買う事になります。
薬局で働いている薬剤師は、薬の詳細も伝えてくれます。
いつ頃に服用するのか伝えてくれますし、それぞれの薬の効果も伝えてくれる訳です。
その際、薬局に対しては手帳も渡すことになります。
飲み合わせの問題がありますから、まずは薬剤師に手帳を見せるのが一般的です。
しかし患者の方々は、その手帳を忘れているケースも多いです。
一旦は手帳が発行されたものの、自宅に置き忘れている方々も少なくありません。
それでは薬局としては、患者が過去に飲んだ薬の情報が分かりません。


ところで最近では、ペーパーレスの手帳が普及しつつあります。
スマホで利用できる手帳もあるからです。
具体的には、まず患者の方々はアプリの手帳をインストールしておきます。
するとスマホで手帳が利用できる状態になりますから、薬局に訪問した時に「電子の手帳を使用している」旨を伝えます。
すると薬局は、バーコードがプリントされている手帳を提示してくれる訳です。
また薬局に対してアプリを見せれば、薬剤師としても患者の薬の履歴を確認できます。
そしてバーコード付きの書類を受け取った患者は、スマホのカメラでバーコードを読み取ります。
するとアプリに薬の情報が記録され、その情報はずっと残ります。
たとえ数年後でも、アプリで薬の情報を確認できる状態になります。
このペーパーレスの手帳を利用している方は、最近増えてきています。


紙媒体の手帳は、家に忘れてしまうデメリットがあります。
うっかり家に忘れてしまえば、薬剤師は薬の履歴などを確認できなくなってしまいます。
ところが多くの方々は、たいていスマホは常時持ち歩いています。
薬局にもスマホを持参している方々も多いです。
紙媒体の手帳と違って、家に置き忘れてしまう事はほぼありません。
それとペーパーレスの手帳には、データー保存に関するメリットもあります。
というのも紙媒体の手帳は、紛失してしまう可能性もあるからです。
紙媒体の手帳が無くなってしまえば、薬剤師としては薬の履歴を確認できませんし、患者本人も履歴が分からなくなってしまいます。
しかしアプリなら、過去のデーターも全て記録されています。
情報が長期間残り続けるのも、ペーパーレスの手帳のメリットの1つです。

次の記事へ

先頭に戻る