お役立ち!ペーパーレス化で業務改善☆

ペーパーレスの武器となるパソコンが普及しても需要の激減しない紙ファイル

TOP > ペーパーレスについて > ペーパーレスの武器となるパソコンが普及しても需要の激減しない紙ファイル

ペーパーレスの武器となるパソコンが普及しても需要の激減しない紙ファイル

パソコンの普及する以前はビジネスだけでなく日常生活等でも必要事項はすべて手書きの書面にして保管していました。
こうした書類や資料はジャンル別や時系列別等、自分にとって分かりやすい分類方法でいつでも利用できるように紙ファイルに綴じておくのが多くの人の習慣でした。
しかしながら、手書きで書面作りするのに手間がかかる上に紙ファイルに分かりやすく分類する作業は容易でありませんでした。
しかも、関係しているジャンルは組織や人により全くばらばらですから、紙ファイルの種類が多数必要になることも珍しくありませんでした。
こうした紙ファイルを入れた本箱や書棚等は企業や学校、或いは、家庭等、どこへいっても見られる家具の一つでした。
また更に、書類や資料を見つけやすくするために紙ファイルにインデックスラベルをつけて小分類化を図ることも頻繁に行われてきました。


このように紙ファイルを利用した書類や資料の保管、管理方法がいかようにも考えられるので、紙ファイルの果たしている役割は計り知れません。
従って、書類や資料の枚数やサイズが様々なので、使用する紙ファイルの種類やサイズも様々です。
このため、文房具売り場へ行くとその商品規格の多さに驚かされます。
ところが、パソコンの普及が始まると職場ではパソコンの保存機能を使うことでペーパーレス化が進み、資料をプリントアウトする必要性が減ってきました。
従って、プリントアウト資料が減るので、当初は紙ファイルの需要が激減すると評判になっていました。
現にパソコンを利用すれば様々な保存媒体があり、しかもその保存容量は紙ファイルの比較にならないくらい大きいものです。
従って、ペーパーレス化が一気に進み、紙ファイルには大きな需要減の影響が出るはずでした。


また、パソコン導入当初の時期は地球温暖化防止が世界中で大きく取り上げられて森林資源の消費削減が叫ばれていた時代なので紙の消費量削減が大いに期待され、話題になりました。
確かに、業種や職種によってはペーパーレス化を進めた結果、職場の机上がすっきりしたところも少なくありません。
ところが、書類や資料の保管に保存媒体の利用が進んでも紙ファイルに書類や資料のアウトプットを入れて、両方で保管するスタイルも続いています。
こうした保管方法をとる業種や職種がパソコンの普及当初考えていた以上に多いようです。
ペーパーレスにしてパソコン画面上に表示するだけでは済まない場面が多々あるようです。
お陰で紙ファイルのメーカーは需要激減の起こっていないことに胸をなでおろしているようですが、ペーパーレスの動きが今後も継続していくことは間違いないところです。

次の記事へ

先頭に戻る