お役立ち!ペーパーレス化で業務改善☆

ペーパーレスの契約書のメリット

TOP > ペーパーレスについて > ペーパーレスの契約書のメリット

ペーパーレスの契約書のメリット

契約手続きの際には、よく紙媒体の書類が発行されています。
いわゆる契約書です。
不動産の契約を締結する時などは、たいてい契約書が発行されます。
ところで最近は、ペーパーレスの契約書も広まりつつあります。
いわゆるクラウドの契約書です。
その使い方ですが、まず契約書を発行する側はメールを送信します。
そのメールには、契約書にサインできるURLも書かれています。
メールを受け取った側は、そのURLをクリックします。
クリックすると、契約の内容が明示されたページが表示されますから、よく内容を確認します。
特に問題なければ、同意のボタンをクリックすると、契約締結が完了する訳です。
このクラウドの契約書には、主に2つのメリットがあります。
契約の所要時間は短くなりますし、コストも低く抑えられる傾向があります。


紙媒体の契約書ですと、どうしても時間がかかってしまう事が多いです。
郵送になるからです。
契約書は、必ずしも実店舗などでサインや捺印される訳ではありません。
封筒に紙媒体の契約書を入れて、郵送で送るケースも多々あります。
しかし郵送ですと、かなり時間がかかってしまいます。
郵便事情がありますから、少なくとも発行当日に契約書を受け取るのは困難です。
数日ほどかかる事が多いです。
それに対して上述のクラウドの契約書なら、わざわざ郵送する必要はありません。
メールで契約書が送付されますから、作成した当日中に受け取る事ができます。
という事は、契約の締結もスピーディーになる訳です。
契約書を発行する側からすると、あまり時間が長くかかるのも困ります。
ですから最近ではペーパーレスの契約書を採用している企業も多いです。


ところで紙媒体の契約書を発行するのは、コストも高く付いてしまう傾向があります。
主なコストは2つあって、まず契約書を印刷する必要があります。
用紙も準備する必要がありますし、頻繁に契約書を発行するなら、カートリッジの交換も必要です。
まして契約書を郵送するなら、郵送料金がかかってしまいます。
遠方に契約書を郵送する場合、郵便コストはかなり高く付いてしまう事も多いです。
それに対してクラウドの契約書なら、郵便料金を支払う事はありません。
メールを送信する分には、郵送料金は発生しないからです。
また紙の契約書を発行する必要もありませんから、カートリッジなどの費用もかかりません。
つまりクラウドの契約書にしておく方が、コストも低く抑えられる訳です。
ですから経費を節約したい時は、ペーパーレスの契約書は前向きに検討してみる価値があります。

次の記事へ

先頭に戻る