お役立ち!ペーパーレス化で業務改善☆

ペーパーレスとコストダウンのメリット

TOP > ペーパーレスについて > ペーパーレスとコストダウンのメリット

ペーパーレスとコストダウンのメリット

紙の資料を使う場合、ややコストが高く付いてしまう傾向があります。
それで悩んでいる企業も少なくありません。
例えば、会議ではよく紙の資料が活用されています。
取引先との会議の為に、紙の資料を使っている企業は多いです。
その資料を作る為には、まず紙を用意する必要があります。
文房具店で紙を購入する訳ですから、費用がかかります。
さらにトナーも必要です。
社内の印刷機で資料を作るなら、トナーカートリッジも定期的に交換する必要があります。
たとえリサイクル品でも、かなりコストが高く付く事が多いです。
なにも会議だけではありません。
研修用の資料や日々の日報など、紙の資料を使用する機会は多いです。
その紙の資料を作る度にお金がかかりますから、コストに関して悩みを抱えている企業も多数見られます。


ところで資料を作成するなら、紙以外の方法もあります。
電子媒体のツールを使用して、資料を作る事は十分可能です。
例えばプレゼンテーション用の資料データーを作成し、プロジェクターで映し出す方法があります。
プロジェクターを使用する分には、わざわざ紙の資料を使う必要はありません。
その他にも、クラウドのシステムを活用する方法があります。
一旦はクラウドのサーバーに資料を保存しておき、ネット接続できるパソコンで読み込む方法もあります。
これらの方法のメリットは、紙を使わない点です。
わざわざカートリッジを交換する必要もありませんし、かなり費用を節約できる傾向があります。
数十万円ほどコストダウンできる事も、珍しくありません。
ですからコストダウンに関心がある方々は、しばしばペーパーレスの方法を検討しています。


また資料保管のコストに関するメリットもあります。
年数が経過すると、紙の資料もだんだん増えてきます。
それをオフィスに乱雑に置いておく訳にもいきませんから、どこかの場所で保管する必要があります。
企業によっては、貸倉庫などを使っている事さえあります。
しかし保管スペースを借りるなら、費用も支払う事になります。
貸倉庫などのサービスは、賃料を支払う必要があります。
敷金などを考慮すると、かなりの料金になってしまう事も多いです。
しかしペーパーレスの状態にすれば、わざわざ紙の資料を保管する必要はありません。
USBメモリーに保存する事もできますし、クラウドサービスで保存しておけば、貸し倉庫を使う必要もありません。
「費用を節約」できる点は、ペーパーレスの大きなメリットの1つです。

先頭に戻る